Posted on

おねしょと改善方法について

おねしょとは、5歳くらいまでの子供が自分の意思とは関係なく、勝手に排尿してしまう現象のことで、特に夜中にしてしまうおねしょのことを「夜尿症」と言います。

これくらいまでの年齢の子供ならば、排尿機能が未発達なために起きてしまうことが多いので、成長するにしたがって、改善されていくので、あまり心配はいらないようです。

しかし、小学校入学してからの子供が、頻繁におねしょをするようなら、治療が必要になってきます。

毎日おねしょをしたり、尿の量が減らなかったり、おねしょをしなくなったのに、再びおねしょをするようになったという場合が治療の対象になってきます。

おねしょにも種類があります。

薄い尿がたくさん出てしまい、尿量を少なくするホルモンが未発達の「多尿型」、膀胱の容量が小さいために、おしっこを貯めることができない「膀胱型」、「多尿型」と「膀胱型」の両方の症状をもつ「混合型」の3つがあります。

おねしょの治療には、薬物投与、カウンセリングや生活指導が必要で、子供だけに治療をさせるのではなく、家族もその治療に協力が必要になってきます。

薬物投与には、自律神経に働きかける薬を飲んだり、また、尿を出にくくするホルモンに働きかける薬を鼻にスプレーをしたりします。

また漢方療法もあります。

生活の面では、夜になるべく水分摂取を控えたり、寝る前には必ずトイレにいくようにします。

おねしょに悩む子の中には、キャンプや修学旅行などの泊りの行事があると、それが原因となって、おねしょが深刻になるケースもあります。

漢方療法では、大体1~3か月くらいから効果が出始め、遅くても半年後に改善がみられるそうです。

もしそういった行事などがある場合は、早めに治療に取り掛かるといいと思います。

漢方では、小建中湯がもっとも使われるそうで、他に柴胡桂枝湯、白虎加人参湯、桂枝湯、麻黄湯、六味丸など、体質によって処方されるので、よく病院や薬局などで、カウンセリング相談されるといいと思います。